現場ブログ|まるかさ株式会社 | 宇治市・城陽市の屋根リフォーム・防災・雨漏り工事ならお任せ

MENU
屋根工事・防災・雨漏り専門店 まるかさ

お気軽にお問い合わせ下さい

0120-123-738受付 10:00~18:00
定休日 木曜定休 ※祝日の場合は水曜休

  • 屋根工事の相談がしたい ショールーム来店予約
  • 屋根工事の費用を知りたい 見積依頼

現場ブログSTAFF BLOG

HOME / 現場ブログ / 屋根!工事part2・・・(カバー工法 編)

屋根!工事part2・・・(カバー工法 編)

2021.12.13 (Mon) 更新

こんにちは😊😊😊

宇治市・城陽市の屋根工事・防災・雨漏り専門店まるかさショールーム、スタッフ笠原です。

本日もありがとうございます。

それにしても、今日は寒い~🥶ですね💦

皆さんのお家では暖房器具はどのようなものを使っておられますか?エアコン?それとも床暖?ストーブ?

電気代の節約のため、毎日奮闘中の主婦でもあります。

子供たちにこたつを出してと言われますが、我が家では禁止です😝なぜなら、動かなくなるから~!!でも、ずっと入っていたい気持ちはよくわかります😝

 

では、では、本題へ

きょうは、昨日お話した屋根工事の種類でカバー工法をお話します。

屋根葺き替え工事は屋根のリフォームです!とお伝えしました。

カバー工法とは、その名の通り!!

既存の屋根の上に新しい屋根をかぶせるという工法の屋根工事です。

では、そんなことができるの???と、思った方も多いはず・・・☝

 

まずは、、、

屋根カバー工法 ポイント💁‍♀️

  • ポイント1、瓦屋根を除く屋根で施工可能
  • ポイント2、工期が短く、低コスト
  • ポイント3、二重構造になるんので、断熱と遮断性がアップ
  • ポイント4、アスベストの屋根材であっても安全な工事ができる。
  • ポイント5、塗装よりも長持ち

全ての屋根にできるわけではないですが、、、スレート屋根(コロニアル)・(カラーベスト)と言われる屋根によく使われる工法です。

屋根カバー工法とは、古い屋根の上に軽い屋根を新たに張ってかぶせる方法です。

古い屋根をはがして処分すると処分費と手間がすごくかかります。それを、既存の屋根にルーフィング(防水シート)を張り直し、上から新しい屋根を張るという工法で、工事費用と工事期間を抑えることが可能になります。

ただし、メリットとデメリットがあります。

・メリット・・・ポイントでもお知らせした通り、工期が短く、低コストで二重構造になるため断熱性、遮音性が上がります。

・アスベストが入っている屋根材の処分費も不要です。

 

・デメリット・・・瓦屋根には施工ができません。

・下地をチェックできないため、下地の劣化状況で施工できない場合があり、上からかぶせる工法になるため、  二重構造による屋根の重みに耐えれるかも確認が必要です。下地の劣化診断も必要となります。

 

◎ここで、少しスレートについて、、、おさらい🙋‍♀️🙋‍♀️🙋‍♀️

スレート屋根とは、近年住宅の屋根によく使用されている人気の屋根材で、主にセメントで作られたものになり、商品名はコロニアルやカラーベストといわれています。

スレート屋根は薄くて軽量というメリットがあります。しかし、その分強度が弱く割れやすいというデメリットもあります。雨や紫外線などの影響によって変色やコケ、ひび割れなどの劣化も起こることもあります。スレート屋根の寿命は約20年~25年程度と言われております。なかにはアスベストが入っているスレート屋根もあります。

カバー工法は最近ではよく選ばれる工法ですが、

上記でお話させていただいた、メリット、デメリットをよく知ることが大事です。

 

その為にも、屋根工事はまず、お住まいお家の屋根を知ることが大切です😊

 

 

 

 

 

 

 

ご来店予約

診断無料

0120-123-738 受付 10:00~18:00
定休日 木曜定休 ※祝日の場合は水曜休 お電話でのご依頼もお気軽にどうぞ

無料診断依頼
メールフォーム

屋根工事のお役立ち情報

ドローン点検 お客様の声

体験型ショールーム

スタッフ・職人紹介

インスタグラム