現場ブログ|まるかさ株式会社 | 宇治市・城陽市の屋根リフォーム・防災・雨漏り工事ならお任せ

MENU
屋根工事・防災・雨漏り専門店 まるかさ

お気軽にお問い合わせ下さい

0120-123-738受付 10:00~18:00
定休日 木曜定休 ※祝日の場合は水曜休

  • 屋根工事の相談がしたい ショールーム来店予約
  • 屋根工事の費用を知りたい 見積依頼

現場ブログSTAFF BLOG

HOME / 現場ブログ / 夏の屋根はどのくらい熱いのか・・・

夏の屋根はどのくらい熱いのか・・・

2022.05.07 (Sat) 更新

皆さん、こんにちは😊

宇治市・城陽市の屋根工事・防災・雨漏り専門店まるかさショールーム、スタッフ笠原です。

宇治市・城陽市、その他地域の皆さま、ご覧いただきありがとうございます。

今日もいいお天気ですね~🔆

GWも終わりに近づき、最後の週末を楽しんでおられかと思います。

最後の週末、楽しんで下さいね👍

今日は朝から気温がぐんぐん上がっているようで、ショールームもエアコンをつけ始めました🎐

こんな暑い日でも、屋根に登り皆さまの大切なお住まいの屋根を綺麗にさせていただいております。

ふと、、、こんな暑い日は屋根はどのくらい熱くなるのだろうかと・・・🙄🙄🙄

そこで、今日は屋根の温度についてお話します🙋‍♀️

皆さまのご自宅の屋根は瓦ですか?

それとも、カラーベスト?スレート?ガルバリウム鋼板?

それぞれの屋根材で表面温度は変化します。

では、一番温度が高くなるのは・・・どの屋根材なのでしょうか???

 

やはり、、、瓦。

屋根材の中では、一番瓦屋根が熱いようで表面温度は84℃ぐらいまで上がるようです。

陶器の素材と似ている為、瓦は保温性が高く熱が逃げにくいといわれています。

最近の瓦は軽量で断熱性と保温性の高い瓦もあります。

 

では、、、金属屋根・スレート屋根は??

金属屋根は82℃程ぐらいだそうで、少し瓦よりかは低くなります。

それでも、80℃超えはなかなかの熱さですね😱

金属屋根も断熱シートなどを敷くことにより、かなり断熱効果は得られます。

スレート屋根も同様に83℃程になり、金属屋根よりもほんの少しだけ熱くなります。

 

このように、屋根材は80℃を超える熱さになりますが、工夫や屋根材を知ることで、暑い夏をどれだけ快適に過ごせるかになります。

まるかさでは、軽量瓦や金属屋根やカバー工法に使われるガルバリウム鋼板などにも換気棟を提案させていただいております

 

換気棟とは、暑い日にこもる熱気などや寒い日に起こる湿気や水滴などを逃がすことができる屋根材の役物になります。この真ん中に見えるのが換気棟です👇👇👇

これからやってくる暑い夏~!!🌻⛱🌊

楽しいイベントもふえてきますが、お家で快適に過ごすことも多いと思います😊

暑い夏も屋根は皆さんの生活を上で支えてくれています🤗

屋根の知識を少しでも知ってもらい、今年の夏も快適に過ごしていただきたいと思います😁

https://marukasa-yane.com/

 

ご来店予約

診断無料

0120-123-738 受付 10:00~18:00
定休日 木曜定休 ※祝日の場合は水曜休 お電話でのご依頼もお気軽にどうぞ

無料診断依頼
メールフォーム

屋根工事のお役立ち情報

ドローン点検 お客様の声

体験型ショールーム

スタッフ・職人紹介

インスタグラム