現場ブログ|まるかさ株式会社 | 宇治市・城陽市の屋根リフォーム・防災・雨漏り工事ならお任せ

MENU
屋根工事・防災・雨漏り専門店 まるかさ

お気軽にお問い合わせ下さい

0120-123-738受付 10:00~18:00
定休日 なし(大型連休 正月 GW お盆を除く)

  • 屋根工事の相談がしたい ショールーム来店予約
  • 屋根工事の費用を知りたい 見積依頼
  • LINE無料相談

現場ブログSTAFF BLOG

HOME / 現場ブログ / 屋根の防水方法について!!

屋根の防水方法について!!

2023.12.03 (Sun) 更新

こんにちは😊

宇治市・城陽市の屋根工事・防災・雨漏り専門店まるかさショールーム、スタッフの林です。

いつもまるかさブログをご覧いただきありがとうございます。

 

さて、今回のお話は題名にもある通り屋根の防水方法についてお話します。

前回のブログでは、防水の重要性についてお話していますので

ぜひそちらもご覧ください^_^

◆防水の重要性について

屋根の防水工事について

ウレタン防水

液体状のウレタン樹脂を複数層に塗り重ねることで防水層を形成する手法です。

複数回重ね塗りすることで防水層を形成し、伸縮性のあるゴム状になるため、

建物内部に水が入り込むことを防ぐことができます。

複雑な形状や屋上などでも施工しやすいのがメリットです。

FRP防水

FRP防水は、ガラス繊維で強化したプラスチックを屋上に塗布する工事方法のことです。

FRPは軽量の為、建物への負担を軽減できます。

また、塗膜防水とシート防水を合わせた工法のため継ぎ目がなく、

どのような形状の屋根や屋上でも対応でき、見た目も綺麗です。

しかし、伸縮性に乏しいため、ヒビが生じやすいというデメリットもあります。

シート防水

防水シートを貼る防水工法です。

シートのため厚みが均一となり、塗膜防水と比べると仕上がりの良さにばらつきがありません。

床の形に合わせてカットするため、継ぎ目の部分で雨漏りしやすくなってしまう恐れがあります。

特に、複雑な形状の屋根では継ぎ目が目立ち、見た目が悪くなりがちです。

アスファルト防水

シート状・液状アスファルトを重ねて厚い防水層を作る防水工法です。

何層にも重ねて防水層を作るため防水性能が高いです。

そのため、他の工事と比べると価格相場は高いですが、

その分高い耐久性を持っているため耐用年数が長いです。

 

 

防水工事をするタイミングって??

防水工事は早めに行うことで、費用も軽減することへも繋がります。

以下のポイントをチェックしてみて下さい!!

  • 陸屋根で雑草が生えている
  • コンクリートにひび割れがある
  • 目地がひび割れている
  • 排水溝の周りにゴミがたまっている
  • 屋根の一部分に水がたまっている

以上のポイントをチェックして該当されなかった場合でも、

防水工事をしてから5~10年を目安にして業者診断を依頼することをオススメします。

ただし、室内で雨漏りが発生していたり、防水工事をしてから10年以上経過していたり、

排水溝が詰まっている、剥がれや壊れている部分があるなどの方は、

早めのメンテナンスをご検討下さい!!!

 

 

屋根の防水工事は状態に合わせて、最適な工法を選択することが大切です。

そのため、費用だけではなく適切な工事を行なってくれる業者かを判断することも

重要なポイントです。

防水工事には様々な工法があり、費用面・耐用年数などでも違いがあります。

提案される内容についてしっかりと納得した上で依頼することが大事です。

 

 

👇来店予約・お問合せはこちらから👇

  

 

👇お得な情報や写真等も掲載してます👇

ぜひ追加お待ちしています💕

 

宇治市・城陽市 屋根工事・防災・雨漏りでお悩みなら

屋根工事・防災・雨漏り専門店 まるかさショールームまで

お気軽にお問合せください!

フリーダイヤル 0120-123-738

〒611-0021 京都府宇治市宇治半白58-1

電話受付/10時~18時  定休日/木曜日

(木曜日にご用の方は本社0774-66-3622まで)

 

宇治市の屋根工事・防災・雨漏り専門店は屋根工事・防災・雨漏り専門店 まるかさ

ご来店予約

診断無料

0120-123-738 受付 10:00~18:00
定休日 なし(大型連休 正月 GW お盆を除く) お電話でのご依頼もお気軽にどうぞ

無料診断依頼
メールフォーム

屋根工事のお役立ち情報

ドローン点検 お客様の声

体験型ショールーム

スタッフ・職人紹介

インスタグラム