現場ブログ|まるかさ株式会社 | 宇治市・城陽市の屋根リフォーム・防災・雨漏り工事ならお任せ

MENU
屋根工事・防災・雨漏り専門店 まるかさ

お気軽にお問い合わせ下さい

0120-123-738受付 10:00~18:00
定休日 なし(大型連休 正月 GW お盆を除く)

  • 屋根工事の相談がしたい ショールーム来店予約
  • 屋根工事の費用を知りたい 見積依頼
  • LINE無料相談

現場ブログSTAFF BLOG

HOME / 現場ブログ / 意外と気づかない?!冬に多いある場所の破損とは・・・・

意外と気づかない?!冬に多いある場所の破損とは・・・・

2023.12.06 (Wed) 更新

こんにちは😊

宇治市・城陽市の屋根工事・防災・雨漏り専門店まるかさショールーム、スタッフの林です。

いつもまるかさブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今日は、意外と気づかないある場所の破損についてのお話になります💁‍♀️

そのある場所とは・・・・・。

実は、”雨樋”なのです。

雨樋って梅雨の時期によく雨がオバーフローしてきたなどの問い合わせが多いんじゃないの?

と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、実は寒い冬にも雨樋の破損や割れのお問い合わせを多く頂きます。

ではなぜなのでしょうか???

冬になるとなぜ??

①冬の冷え込みによる雨樋破損

冬は気温の低下により、雨樋が固くなります。

そのため、普段よりも少しの衝撃でも破損しやすい状態になっています。

②雪などの重みによる破損

雪が多く降る地域では、雪の重みによって雨樋が歪んだり、雪が落ちる際に継手部分が取れたり、

破損したりすることがあります。

雪が多く降る地域では、『雪止め』が有効とされていて雨樋に雪が落ちるのを防いだり、

積雪による破損も予防することができます。

雨樋って熱や寒さに弱い??!!

雨樋は熱や寒さに変化する性質になります。

雨樋の耐用年数は約20年といわれており、こまめな掃除や点検なども屋根と一緒で必要です。

 

 

雨樋も屋根と一緒で普段からのそうじや点検が必要です。

普段あまり気にしない場所かもしれませんが、雨樋もお家を守る大切な働きをしています。

 

ぜひ年末の大掃除の前に一度屋根だけではなく、雨樋の点検もしてみて下さい^_^

 

 

👇来店予約・お問合せはこちらから👇

  

 

👇お得な情報や写真等も掲載してます👇

ぜひ追加お待ちしています💕

 

宇治市・城陽市 屋根工事・防災・雨漏りでお悩みなら

屋根工事・防災・雨漏り専門店 まるかさショールームまで

お気軽にお問合せください!

フリーダイヤル 0120-123-738

〒611-0021 京都府宇治市宇治半白58-1

電話受付/10時~18時  定休日/木曜日

(木曜日にご用の方は本社0774-66-3622まで)

 

宇治市の屋根工事・防災・雨漏り専門店は屋根工事・防災・雨漏り専門店 まるかさ

ご来店予約

診断無料

0120-123-738 受付 10:00~18:00
定休日 なし(大型連休 正月 GW お盆を除く) お電話でのご依頼もお気軽にどうぞ

無料診断依頼
メールフォーム

屋根工事のお役立ち情報

ドローン点検 お客様の声

体験型ショールーム

スタッフ・職人紹介

インスタグラム