現場ブログ|まるかさ株式会社 | 宇治市・城陽市の屋根リフォーム・防災・雨漏り工事ならお任せ

MENU
屋根工事・防災・雨漏り専門店 まるかさ

お気軽にお問い合わせ下さい

0120-123-738受付 10:00~18:00
定休日 なし(大型連休 正月 GW お盆を除く)

  • 屋根工事の相談がしたい ショールーム来店予約
  • 屋根工事の費用を知りたい 見積依頼
  • LINE無料相談

現場ブログSTAFF BLOG

HOME / 現場ブログ / 冬の屋根の注意点について

冬の屋根の注意点について

2023.12.26 (Tue) 更新

こんにちは😊

宇治市・城陽市の屋根工事・防災・雨漏り専門店まるかさショールーム、スタッフの林です。

いつもまるかさブログをご覧いただきありがとうございます。

 

屋根のお悩みは寒い冬にも多くあります。

特に多い冬の屋根のトラブルの注意点についてご紹介します💁‍♀️

 

冬の屋根の注意点

①屋根の結露

屋根の結露を放置することで小屋裏や天井にカビが生えたり、雨漏りが実は結露だったりなど、

放置すると大改修につながってしまいます・・・。

屋根に結露ができる原因として窓やコップに水滴がつくことと同じです。

冬に暖房で温められた空気は天井まで上がります。

そのような暖められた空気を逃がす機能が弱く、

温かく湿った空気が停滞してしまい、冷たい外気によって外側から冷やされた温かい空気は結露となります。

 

②雨樋の破損や詰まり

雨樋の破損や歪みを放置することにより、雨水が溢れて屋根や外壁内部に水が浸入し雨漏りが発生します。

特に外壁にひび割れがある場合も同様に雨漏りの危険性が高まります。

雨樋の詰まりを放置すると、ゴミなどが溜まっていたり、雨水がせき止められると重みで雨樋が落下することがあります。

また、雨樋が詰まることで外壁に水がかかり、汚れや傷みにつながる可能性があります。

雨樋から漏れた水が木材に染み込み水が地面へと落ちればシロアリが家に侵入してくる原因にもなります。

 

雨樋の劣化や雪の季節にも多い歪み、小屋裏や天井が結露してしまう原因です。

屋根の点検・雨樋の点検清掃は大切なご自宅を守るために大切です。

ぜひ、一度点検してみて下さい。

 

 

👇来店予約・お問合せはこちらから👇

  

 

👇お得な情報や写真等も掲載してます👇

ぜひ追加お待ちしています💕

 

宇治市・城陽市 屋根工事・防災・雨漏りでお悩みなら

屋根工事・防災・雨漏り専門店 まるかさショールームまで

お気軽にお問合せください!

フリーダイヤル 0120-123-738

〒611-0021 京都府宇治市宇治半白58-1

電話受付/10時~18時  定休日/木曜日

(木曜日にご用の方は本社0774-66-3622まで)

 

※2023年12月29日(金)~2024年1月4日(木)まで年末年始休業となっております。

2024年1月5日(金)より通常営業致します。

↓年末年始休業期間中のお問い合わせはこちらをクリック↓

メールでのご相談・お問合せはこちらから

年末年始休業明けより順次ご対応させていただきます。

 

宇治市の屋根工事・防災・雨漏り専門店は屋根工事・防災・雨漏り専門店 まるかさ

ご来店予約

診断無料

0120-123-738 受付 10:00~18:00
定休日 なし(大型連休 正月 GW お盆を除く) お電話でのご依頼もお気軽にどうぞ

無料診断依頼
メールフォーム

屋根工事のお役立ち情報

ドローン点検 お客様の声

体験型ショールーム

スタッフ・職人紹介

インスタグラム