現場ブログ|まるかさ株式会社 | 宇治市・城陽市の屋根リフォーム・防災・雨漏り工事ならお任せ

MENU
屋根工事・防災・雨漏り専門店 まるかさ

お気軽にお問い合わせ下さい

0120-123-738受付 10:00~18:00
定休日 木曜定休 ※祝日の場合は水曜休

  • 屋根工事の相談がしたい ショールーム来店予約
  • 屋根工事の費用を知りたい 見積依頼

現場ブログSTAFF BLOG

HOME / 現場ブログ / 屋根って・・・種類はあるの・・・

屋根って・・・種類はあるの・・・

2021.12.08 (Wed) 更新

こんにちは~💁‍♀️いつも、アクセスいただき有難うございます!

 

宇治市・城陽市の屋根工事・防災・雨漏り専門店まるかさショールーム スタッフ笠原です👩

今日もスッキリしないお天気・・・ですね💦

そして、寒いー➰

こんな寒い日でもまるかさ社員一同は元気に現場で頑張っております💪

皆さんも週の折り返し、頑張って下さい!!!

 

皆さんはご自宅の屋根がどんな屋根材か知っておられますか~?🏠

屋根といっても種類がたくさんあります。

 

今日は、屋根の種類についてお話したいと思います。

屋根の種類には大きく分けて4種類があります☝☝☝

   粘土系 

 

 セメント系

                    

       

 

スレート系             

    金属

            

屋根に使われている材料は大きく分けると、こちらの4種類に・・・

1,粘土瓦(釉薬・無薬)・・・粘土を使った焼き物の屋根材です。耐久性、遮音性、断熱性、耐久性に強い。       デメリットは、耐震性を考慮した工事仕様が必要となります。

               

2,セメント瓦(プレスセメント瓦・コンクリート瓦)・・・セメントと砂を原料としたものです。施工性もよくく、衝撃にも強いため、一般的によく使われています。デメリットはこちらも耐震性が必要。粘土瓦より定期的なメンテナンスが必要。

3,スレート瓦(化粧スレート・天然スレート)・・・セメント成分に繊維質の材料を織り交ぜてできた薄い根板です。スレート以外にもカラーベスト、コロニアルなどの商品名で呼ばれています。最も普及している屋根材で瓦などに比べると安価。耐火性、断熱性に優れている。デメリット、人の重さや強い風などの重さで割れてしまうこともある。水分が滞留しやすいのでカビ、コケが生えやすい。

4、金属系(金属屋根・トタン)・・・トタンとは亜鉛メッキ銅板の事をいい、トタン屋根は雨漏りしにくい。軽量なので耐震性に優れている。

 ガルバリウム銅板・・・アルミニウムが含まれていて、耐食性、耐熱性、熱反射性が特徴。従来のトタンよりも耐久性が格段に違う。加工性もよくあらゆる用途に使用されています。デメリット、衝撃に弱い。ほかの屋根材よりも薄いんので防音性が良くない。

 

 

どの屋根材が皆さんのご自宅の希望にあうのか?それぞれの屋根材の特徴や価格帯、将来のメンテナンスの費用や頻度も確認することが大事です😊

             

                                                      

 

 

ご来店予約

診断無料

0120-123-738 受付 10:00~18:00
定休日 木曜定休 ※祝日の場合は水曜休 お電話でのご依頼もお気軽にどうぞ

無料診断依頼
メールフォーム

屋根工事のお役立ち情報

ドローン点検 お客様の声

体験型ショールーム

スタッフ・職人紹介

インスタグラム