現場ブログ|まるかさ株式会社 | 宇治市・城陽市の屋根リフォーム・防災・雨漏り工事ならお任せ

MENU
屋根工事・防災・雨漏り専門店 まるかさ

お気軽にお問い合わせ下さい

0120-123-738受付 10:00~18:00
定休日 木曜定休 ※祝日の場合は水曜休

  • 屋根工事の相談がしたい ショールーム来店予約
  • 屋根工事の費用を知りたい 見積依頼

現場ブログSTAFF BLOG

HOME / 現場ブログ / 屋根の勾配とは・・・

屋根の勾配とは・・・

2022.05.15 (Sun) 更新

こんにちは😃

宇治市・城陽市の屋根工事・防災・雨漏り専門店まるかさショールーム、スタッフ笠原です。

宇治市・城陽市、その他地域の皆さま、まるかさブログご覧いただきありがとうございます👏

皆さま、よい休日をお過ごしですか?

今日(5/15)は『国際家族デー』だそうで✨休日も重なり、皆さん家族でお出かけなどされているかもしれないですね~😄

皆さん、楽しい休日を過ごして下さいね🍀🍀🍀

私も今日は家族の好きなメニューで夕食を作ってみようかと思います😁✨

 

では、本日は💁‍♀️

屋根の知識で大切な屋根の勾配についてお話したいと思います😃

皆さんは屋根の勾配って何のことか知っておられますか?(私も昔は知りませんでした😅

屋根の勾配とは、屋根を仕上げるときの角度のことを言います。屋根の水平のところから傾斜になっている角度のことで、屋根材の種類や形状やお住まいの地域や家の外観などによって決められるものになります。

屋根の勾配はちょっと変わった数値で表され、勾配は『寸』という単位で表すことが多いです。

水平寸法10寸に対し立ち上がり寸法がいくつあるかを計測した数字になります。

勾配の数値が上がるほど、傾斜が急になるということになります。

屋根に角度がついているのは、その傾斜や角度によって雨や雪などを逃がすためになります。

  • 急勾配・・・6寸勾配以上の勾配をもつ屋根
  • 並勾配・・・3寸~5寸程度の勾配をもつ屋根
  • 緩勾配・・・3寸勾配以下の勾配を持つ屋根

そのため、勾配によってのメリット・デメリットがあります。

勾配によるメリット・デメリット

急勾配【メリット】

  • 水はけがよいため雨漏りのリスクが少ない
  • 積雪の多い地域では雪が積もりにくい
  • 汚れが流れやすく屋根の耐久性が高まる

急勾配【デメリット】

  • 屋根面積が広いので設置や塗り替えのコストがかかる
  • メンテナンス時でも足場が必要になる
  • 台風や風の影響を受けやすい

 

 

並勾配【メリット】

  • 雨漏りしにくい
  • ほとんどの屋根材が使える
  • 一番スタンダード屋根勾配

並勾配【デメリット】

  • ほとんどの屋根材が使用できるため、目立ったデメリットはなし

 

 

緩勾配【メリット】

  • 台風や風の影響を受けにくい
  • 屋根の面積が狭いのでメンテナンスや葺き替えコストが抑えられる

緩勾配【デメリット】

  • 水はけが悪く、雨漏りリスクが高い
  • 屋根裏スペースがなく、断熱効果が期待できない
  • 使用できる屋根材が少ない

 

屋根材の種類によっても、使用できる屋根材が決まってきます。

金属屋根なら1/10勾配以上

スレート屋根なら3/10勾配以上

瓦屋根なら4/10勾配以上

このように屋根にも勾配があり、メリットやデメリットがあります☝☝☝

屋根の勾配と屋根材の組み合わせはとても重要で、間違って低すぎる勾配の屋根に瓦を乗せてしまうと、雨漏りの原因になったりするので、屋根の角度は見た目だけではなく、建物に合った屋根材の使用をおすすめします。

ただ、ご自身では選定は難しいと思われますので、屋根の専門やしっかりした専門業者さんへご相談してみて下さい。中には、勾配等も知らない業者もおりますので、しっかりとした見積確認をお願いしたいと思います🙂

 

このように屋根といっても、たくさんの情報があります。

正しい知識で大切なお住まいを保っていただきたいと思います😁

ホームページはこちら

ご来店予約

診断無料

0120-123-738 受付 10:00~18:00
定休日 木曜定休 ※祝日の場合は水曜休 お電話でのご依頼もお気軽にどうぞ

無料診断依頼
メールフォーム

屋根工事のお役立ち情報

ドローン点検 お客様の声

体験型ショールーム

スタッフ・職人紹介

インスタグラム