現場ブログ|まるかさ株式会社 | 宇治市・城陽市の屋根リフォーム・防災・雨漏り工事ならお任せ

MENU
屋根工事・防災・雨漏り専門店 まるかさ

お気軽にお問い合わせ下さい

0120-123-738受付 10:00~18:00
定休日 木曜定休 ※祝日の場合は水曜休

  • 屋根工事の相談がしたい ショールーム来店予約
  • 屋根工事の費用を知りたい 見積依頼
  • LINE無料相談

現場ブログSTAFF BLOG

HOME / 現場ブログ / もうすぐ台風シーズン・・ここの部分も気を付けて・・・

もうすぐ台風シーズン・・ここの部分も気を付けて・・・

2022.08.27 (Sat) 更新

こんにちは🤗

宇治市・城陽市の屋根工事・防災・雨漏り専門店まるかさショールーム、スタッフの林です。

いつもまるかさブログをご覧いただきありがとうございます。

8月も終わりに近づいてきていてそろそろ台風シーズンに突入します。

台風が発生すると住宅の破損や修理の必要性が出ることが多々あります。

その中でも今日は台風の時に注意してほしい棟板金についてのお話になります。

 

皆さまは棟板金をご存じでしょうか❓❓❓

棟板金とは、屋根の頂点にある板金のことです。屋根の内部に雨が入らないようにかぶさっています。

風雨や紫外線、飛来物などの被害を一番受けやすい屋根の弱い部分であり、一番自然の力を受けやすい部分であるため、劣化もしやすい部分でもあります。

 

棟板金は釘を打ち込んで固定しています。しかし、棟板金を止めている釘は築7年~10年で抜けてきてしまいます。その原因として、金属が熱で温められたときに膨張が起きる現象(熱膨張)があります。

棟板金は金属でできています。そのため、日に当たると太陽の熱で膨張し、夜気温が下がると収縮します。長い間、これらの膨張・収縮を繰り返すことにより、徐々に釘が抜けてきてしまうということです。

これに気づかずに放っていると、棟板金が風で飛ばされてしまいます。その結果、貫板に直接雨が当たるため、雨漏りの原因になります。

 

応急処置の方法

工事までに期間が空く場合は、ブルーシートをかけます。

定期的に点検・メンテナンスをすることで、棟板金の剥がれを未然に防いだり、耐久性を上げることで寿命を延ばすことができます。

 

棟板金は先が尖っているため、落ちたら命に関わる怪我をする可能性があり大変危険です。

また、台風の被害で屋根の破損が一番多いのは風で飛ばされた曲がってしまった棟板金の交換です。万が一、災害が起こってしまった場合はすぐに全員の皆さんの元に駆け付けることは難しいです。だからこそまだ何も被害が出ていない今だからこそ、被害を最小限に食い止めることができるように今の間からできることをしませんか??

何でもお気軽にご相談ください😌

 

 

👇お得な情報や写真等も掲載してます👇

ぜひ追加お待ちしています💕

 

👇来店予約・お問合せはこちらから👇

   

 

 

宇治市・城陽市 屋根工事・防災・雨漏りでお悩みなら

屋根工事・防災・雨漏り専門店 まるかさショールームまで

お気軽にお問合せください!

フリーダイヤル 0120-123-738

〒611-0021 京都府宇治市宇治半白58-1

電話受付/10時~18時  定休日/木曜日

(木曜日にご用の方は本社0774-66-3622まで)

 

宇治市の屋根工事・防災・雨漏り専門店は屋根工事・防災・雨漏り専門店 まるかさ

ご来店予約

診断無料

0120-123-738 受付 10:00~18:00
定休日 木曜定休 ※祝日の場合は水曜休 お電話でのご依頼もお気軽にどうぞ

無料診断依頼
メールフォーム

屋根工事のお役立ち情報

ドローン点検 お客様の声

体験型ショールーム

スタッフ・職人紹介

インスタグラム